NEWS!
2019年10月より開設!
中医師による徹底した未病状況の把握と未病ケアの実施

 ↑詳しくはこちらをクリック!↑



 ~解決しました!私の永年の不具合~
 西洋医学の考えや手法ではなく体の声を聞き、自然治癒力を高める中 国古来の治療法、ONE DAYドック+推拿デトックス5回により、あな たの未病状況を診断解説し総合ケアを実施します。

 慢性的な腰痛、帯状疱疹、慢性腎炎、偏頭痛、痛風等、治りにくく、 再発しやすい症状も多くの方が改善を実感しています!


実感!施術の効果 ~体の声を聞き、自然治癒力を高める推拿の効果~
CASE1 腰痛
<茨城県 30代男性>
右側の腰痛と共に、右足のしびれと痛みが続いているため整形外科で検査を受け、椎間板ヘルニアと診断されました。こちらに、始めは2週間に一度のペースで通い推拿と漢方を
併用し、3カ月くらいで痛みはなくなりました。
<先生のコメント>
春先の右側のヘルニアは肝臓に溜まっている熱邪の原因が考えられます。
肝臓の熱邪が慢性的に椎間板にダメージを与え、何かのきっかけで椎間板ヘルニアを発生します。推拿と漢方を併用して、肝臓の気の流れを改善し、熱邪を発散させると、自然治癒力によって椎間板は自然に修復します。痛みとしびれの症状は2,3か月で治りますが、椎間板の修復はもう少し時間がかかります。


CASE2 帯状疱疹
<神奈川県 50代女性>
右足の外側の帯状疱疹でした。初めに病院に行き、飲み薬、塗り薬を処方され、治療しましたが、針でチクチク刺されるような痛みや、患部の熱っぽさが完全には良くならず、長い事症状に悩まされていました。こちらで月に1回の推拿をしていただき、漢方薬も飲み、2,3か月ですっかり良くなりました。

<先生のコメント>
体の右側の帯状疱疹は、肝臓の気の流れが滞って、熱邪が肝臓に溜まり、季節の変わり目や、あるいは何かのきっかけで表に出てきている状態と判断し推拿と漢方を併用し、後遺症の症状を改善しま
した。


and more・・




ヴィーガン・ベジタリアン商品のWEB SHOPがOPEN!


ヴィーガン・ベジタリアンについて詳しく学べる教材、ヴィーガン・ベジタリアンのレシピブックを販売しています。
SHOP名 「ヴィーガンストック」で検索も可能です。


【 CKA特別コンサルケアのご案内 】
すでに開業治療院として実働している鍼灸院、整体院の現状の問題点〔患者さんの満足度が低い、リピーターが少ない、など〕を把握して、問題解決の方法を実践指導します。それにより患者さんとの信頼関係を実感できる施術を伝授します。
下記のA/B/Cのコンサルケアをご用意しました。

■施術者コースのご案内■
 Aコース:腰痛・ぎっくり腰・五十肩・膝の痛みを素早く解消
 Bコース:生活習慣病(心臓病・認知症・脳卒中など)の予測と予防
 Cコース: 漢方薬の活用

 当校校長 張輝(ちょうき) 
 :北京中医薬大学東方学院客員教授 

1回の施術で劇的効果!!内側の原因まで解明できる!
 神の手を持つ中医師「張輝先生」が20年以上の日本での臨床を述べ4万人近くの施術を通し、日本人特有の体質に合った施術法を編み出しながらたどり着いた境地「行気推拿式」
そのノウハウを伝授します!

詳細はこちら!

このコースに関するQ&A
*回答ボタンをクリックすると動画が見られます。(wmv形式)
Q1.日本の鍼灸院や接骨院などの治療院はこれからの予防医学、未病の時代においてどのような役割を担っていくとお考えですか? 
  回答
Q2.本格的な体質改善や、病気予防のためには、継続して施術を受ける必要があると思うのですがどのような患者さんから信頼を得て、継続して通ってもらえるようになれるのですか?
   回答

Q3.東洋医学の中での「マッサージ」の役割を教えてください。
   回答

Q4.推拿とは中国整体、或いは中国式マッサージと認識されていると思いますが、「推拿」と「行気推拿」の違いを教えてください。
   回答


Q5.今回の3つのコースの内容について具体的に紹介していただけますか?
   回答


ごあいさつ

各種養成講座開講にあたり・・・

日本においては、近い将来、世界でも類を見ない超高齢化社会を迎えます。それにより生まれる様々な健康不安や、「未病を治す」未病ケアと言う新しい医療スタイルが注目を集めています。

さらに、未病に関するプロジェクトを計画する自治体も現れ、今後は未病ケア知識を持つ人材育成こそが益々重要な国家戦略として重視されることでしょう。
このような社会背景の中、本校では、中医学の未病理論に基づき、
人々の健康不安を取り除くために必要な知識や技術を余すことなく身につけられる魅力的な講座をご用意いたしました。

自分自身のケアそして、家族や身近な人々のケアはもちろん、
中医学の基本理論から応用実技まで、未病ケアのプロフェッショナルとして、
悩める人々の健康管理に役立つ専門知識を幅広く学んで頂けます。

未病ケアとは、近未来の医療現場にとって不可欠なスタイルであると、当校は確信しています。
ただし、そのスタイルを定着させるためには、まず一人一人が自分自身の健康に関心を持ち、
自己ケアの方法および未病に関する知恵と技術を学ばなくてはなりません。
その為の情報発信や未病ケアの啓蒙活動、そして、未病ケアのプロフェッショナルの育成こそが当校の使命でもあり任務であると考えます。

自分の為に!家族の為に!私達と一緒に未病ケアを始めましょう!!




当アカデミーの講座はこのような方にお薦めです。

自分の体と健康に関心のある方。

家族や身近な人々の健康管理に不安のある方。

正しい未病の知識を学び、今の仕事に活かしたい方。

本格的に中医学や予防医学を学び、プロを目指したい方。

未病ケアインストラクターの講師を目指したい方。


当アカデミーの特徴

経験・知識豊富な講師陣

来日して20年間、様々なシーンで中医学の教鞭を執ってきた当アカデミーの校長で中医師の張輝を筆頭に、独自の臨床と経験を持つ魅力的な講師陣が自慢です。

オリジナルのテキストと授業内容

当アカデミーの授業では、オリジナルのテキストをはじめ、中医学の知恵を幅広く網羅できる各種テキストとDVDをご用意いたしました。
また、実技の授業においては、本場中国式整体「推拿」の手技を、経験豊かな講師陣が個別指導。しっかり身につけることができます。
当アカデミーにしかできないオリジナリティー溢れる授業を多種ご用意し、知恵と技術向上を最大限サポート致します。

医食同源体験授業

日頃から食事に注意することが病気を予防する最善の策であり、
また、日頃の食生活も医療に通じるという「医食同源」の理念を
身をもって体験できる授業です。
未病食を試食しながら学ぶ、楽しい体験型授業です。

しっかり学べる少人数制

1クラス6名までの少人数制を採用。一人一人が講師と向き合い、疑問点も、じっくりしっかり学べます。












最新情報&更新情報

2019.10.1 「未病ケア人間ドッグ」を開設しました。
2017.6.1  
「サードオピニオンアドバイザー養成講座」の受講受付開始しました。
2016.7.1
  「2016年秋講座」2講座受講者受付開始しました。
2014.9.15 ホームページを開設しました。
2015.7.1  「施術者向けコース」を開設しました。

▲ページトップに戻る



中医健康アカデミー 未病ケアインストラクター養成校